愛情と矛先から感じる人を包み込む優しさ

2020年7月16日

スポンサーリンク

愛情と矛先 / Mrs. GREEN APPLE とは?

TWELVE
TWELVE / Mrs. GREEN APPLE

今回は、Mrs. GREEN APPLE(以下、略称:ミセス)の1st Full Album「TWELVE」の1曲目に収録されている「愛情と矛先」について語っていきたいと思います。

私はミセスを聴き始めてから約4年近くになりますが、中でも一番好きなのが今回紹介する「愛情と矛先」になります。

キャッチーなメロディとそこからは考えられないくらいに切なく温かい歌詞にずーっと心打たれ続けています。

今回は、そんな「愛情と矛先」の魅力を少しでも感じて頂ければなと思います!

相反する様な二つの言葉

まずは、曲名である「愛情と矛先」から考えてみましょう!
それぞれの言葉の意味は検索すると以下の様に出てきます。

愛情
1 深く愛し、いつくしむ心。「愛情を注ぐ」
2 (性愛の対象として)特定の相手を恋い慕う心。「ひそかな愛情をいだく」

出典:コトバンク「愛情」

矛先
1 矛の切っ先。
2 攻撃。また、攻撃の方向。「非難の―を転じる」「批評の―が鈍る」

出典:コトバンク「矛先」

そう、まるで相反する様な意味を持っているのです。

では、何故この2つの言葉を選択したのか・・・表裏一体であることを示しているのは確かですが、歌詞を読み解くともっと深い意味があることが分かります。

それでは歌詞について考えていきたいと思います。

何も信じられなくなった人を包み込む歌

短いですが、上記のダイジェスト動画で「愛情と矛先」を聴くことが出来ます。

まずは歌詞の全体を見ていきましょう!

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴
夢を語ったって 今じゃ笑われる世の中さ
愛を伝えたって まともに聞いてくれやしないさ
大丈夫だよ 貴方のその声は
少なくとも貴方が気づけているから

「誰の意見がどう」とかいいから
君なりに今打破だ
武器は「愛情と矛先」
「僕の意見はどう?」とかいいから
君なりに形にして ほら
「どうか見せてよ」

全てが全部 嘘になっちゃって
傷ついた貴方を癒してあげよう
全てが全部 嫌になっちゃって
錆ついた心を癒してあげよう

敬意を払ったって 信用なんか無い世の中さ
誰かを求めたって 助け舟などやってこないさ
大丈夫なの? このままでいいの? って
少なくとも絶望はやがて逝くから

「誰の意見がどう」とかいいから
君なりに今死守だ
防具は「優しさと円盾」
「私の容姿はどう?」とかいいから
着飾りの形じゃなく ほら
「どうか見せてよ」

全てが全部 「いらなくなった」って
傷ついた貴方を癒してあげよう
全てが全部 「不安になった」って
錆ついた心を癒してあげよう

傷ついて朽ち果てそう
錆びて盾が打ち破られても
愛情と矛先で
大丈夫だよ。安心して。
君の強さは偉大なものだ

その君の矛先を愛と呼ぼう

出典:Uta-net

私は“夢や希望を持てなくなった人をぎゅっと抱き締める歌”だと感じました。

それでは、歌詞を細かく考察していきたいと思います。

ここから解釈
夢を語ったって 今じゃ笑われる世の中さ
愛を伝えたって まともに聞いてくれやしないさ
大丈夫だよ 貴方のその声は
少なくとも貴方が気づけているから

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

私が勇気を振り絞って、やりたいこと、叶えたい夢を話してもどうせみんな笑うに決まっているだろう?
私が一生懸命誰かに素直な気持ちを伝えても、ちゃんと聞き入れてなんてくれないだろう?

いやいや、大丈夫だよ、その想いをちゃんと貴方は貴方自身で分かってるんだからさ。

「誰の意見がどう」とかいいから
君なりに今打破だ
武器は「愛情と矛先」
「僕の意見はどう?」とかいいから
君なりに形にして ほら
「どうか見せてよ」

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

誰がなんて言おうが、貴方は貴方なりでいいんだよ。
貴方自身を愛して、貴方自身を守る為に主張しよう。
貴方の意見を「どう?」なんて聴かなくていいから、あるがまま私に見せて欲しいんだよ。

全てが全部 嘘になっちゃって
傷ついた貴方を癒してあげよう
全てが全部 嫌になっちゃって
錆ついた心を癒してあげよう

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

廻りを気にし過ぎて、自分を捻じ曲げてしまって、
ぼろぼろになっている貴方をせめて私が抱き締めてあげる。
何もかも嫌になって、
温かさを失った貴方の心を私が癒してあげるから。

敬意を払ったって 信用なんか無い世の中さ
誰かを求めたって 助け舟などやってこないさ
大丈夫なの? このままでいいの? って
少なくとも絶望はやがて逝くから

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

どれだけ敬って、信頼しても、信用されるかどうか分からない。
誰かに「助けて」と呼び掛けても、みんな他人の振りをするだろう?
「大丈夫?もっとなんとかしないといけないんじゃないの?」って言われても、
いつか過ぎ去る絶望をひたすらに待つだけなんだよ。

「誰の意見がどう」とかいいから
君なりに今死守だ
防具は「優しさと円盾」
「私の容姿はどう?」とかいいから
着飾りの形じゃなく ほら
「どうか見せてよ」

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

誰から何を言われようと、貴方は貴方のままでいいんだよ。
「私は変じゃないかな?」とかそんな見掛けなんか気にせず、本来の貴方を見せて欲しいんだよ。

全てが全部 「いらなくなった」って
傷ついた貴方を癒してあげよう
全てが全部 「不安になった」って
錆ついた心を癒してあげよう

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

もう何もかもどうでもよくなったって、
そんな風に感じている貴方を私が包み込むよ。
すべてに自信が無くなって、動けなくなったって、
私が貴方を癒してあげるから。

傷ついて朽ち果てそう
錆びて盾が打ち破られても
愛情と矛先で
大丈夫だよ。安心して。
君の強さは偉大なものだ

その君の矛先を愛と呼ぼう

曲名:愛情と矛先 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴

心がズタズタで死にそうでも、
今まで守っていた自身が無くなってしまっても、
この曲が貴方を裏切ることはないから安心して。
貴方の強さをちゃんと知っているよ。
貴方が辛く苦しくて出した矛を、私は愛情と捉えて受け止めるから。


解釈はここまで。

心が酷く疲れてしまった時や荒んでしまった時、必ずこの曲は寄り添ってくれると思います。

キャッチーなメロディに耳を傾けても、じっくり歌詞を聞き込んでも、心や気分を上に挙げてくれることは間違いないと思いますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

メロディに乗せられる高揚感

歌詞から見る「愛情と矛先」は物凄い深いものを感じさせられたのですが、音から見てもやはり魅力的!

アルバムの1曲目ということもあり、アップテンポ且つ乗りやすいメロディがとても聞きやすいです。

刻まれるギターと合いの手の様に入るバスドラが一気に曲へ引き込み、語られるかのようなAメロBメロで歌詞にも注目させられます。

そして、爆発するかのように駆け上がるサビが気持ちを挙げていきます。

Cメロから大サビにかけての畳みかけも小気味よいメロディで、スッと身体に溶け込んできます。

何が言いたいかっていうとやっぱり私の中では一番だってことです笑

最後に

如何だったでしょうか。

2020年1本目の記事として、今筆者が思う最高の一曲について書いてみました。

一人でも多くの人が「愛情と矛先」の世界に少しでも興味を持ってくれて、いい出会いになってくれると嬉しいです!

ミセスの中では結構古い曲になった「愛情と矛先」ですが、今でもライブではたまに演奏される人気曲になりますので、是非期待に胸膨らませてライブ会場にも足を運んでいただければと思います!

もっとちゃんと聴いてみたいという方は以下より検索してみてください。

↓iTunes storeはこちら

↓楽天市場はこちら

TWELVE [ Mrs.GREEN APPLE ]

価格:3,080円
(2019/11/9 16:15時点)
感想(3件)


ここまで読んで頂いたあなた、本当にありがとうございます!
素敵な音楽ライフを過ごせることを願ってます♪

スポンサーリンク