Mrs. GREEN APPLE / 僕のこと:歌詞の意味を徹底解釈!応援歌を超えた人生賛歌。

2019年11月9日

スポンサーリンク

Mrs.GREEN APPLE 全国サッカー選手権大会応援歌
引用元:https://mrsgreenapple.com/contents/203379

「僕のこと」とはどういう曲なのか。

Mrs. GREEN APPLEが2019年1月9日にリリースしたシングルより、「僕のこと」について歌詞に込められた想いを徹底的に解釈していきたいと思います。
曲名だけ聴いたことがある人も、Mrs. GREEN APPLEのガチファンという方も一つの解釈、意見として楽しんで貰えればと思います。

曲の話に入る前に、そもそも、Mrs. GREEN APPLE自体まだ詳しくない!という方は、バンドの紹介記事も書いておりますのでご一読頂けるとより楽しめるかと思います。

Mrs.GREEN APPLE:キャッチーな曲に秘められた寂しさを謳う若きロックバンド

「僕のこと」は応援歌である。

「僕のこと」は、第97回全国高校サッカー選手権大会の応援歌として書き下ろされた楽曲です。
先日行われた大会では、実際にMrs. GREEN APPLEが会場に赴き、「僕のこと」を演奏されていました。

Mrs.GREEN APPLE 全国高校サッカー選手権大会
引用元:https://okmusic.jp/news/316126

決勝大会で「僕のこと」を披露されており、見事な演奏で観客を魅了されておりました。
尚、私は会場には行けてない為、Twitter等で会場の雰囲気を味合わせて頂きました笑

「僕のこと」の歌詞に込められた想い


いよいよ本題である、歌詞の解釈をしていきたいと思います。
まずは、早速歌詞を記載します。

–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

僕と君とでは何が違う?
おんなじ生き物さ 分かってる
でもね、僕は何かに怯えている
みんなもそうならいいな

がむしゃらに生きて誰が笑う?
悲しみきるには早すぎる
いつも僕は自分に言い聞かせる
明日もあるしね。

ああ なんて素敵な日だ
幸せと思える今日も
夢敗れ挫ける今日も
ああ 諦めず足宛いている
狭い広い世界で
奇跡を唄う

僕らは知っている
空への飛び方も
大人になるにつれ忘れる
限りある永遠も
治りきらない傷も
全て僕のこと
今日という僕のこと

得ては失う日々 意味はある?
伝わることのない想いもある
だから僕は時々寂しくなる
みんなもそうなら
少しは楽かな
僕だけじゃないと
思えるかな

ああ なんて素敵な日だ
誰かを好きでいる今日も
頬濡らし眠れる今日も
ああ 嘆くにはほど遠い
狭い広い世界で
僕らは唄う

冬に咲く花に
命が芽吹くよ
駆けるは 雪の大地
青すぎた春を
忘れずに居たいと
語るは 友との地図
駆けるは 人の旅路

僕らは知っている
奇跡は死んでいる
努力も孤独も
報われないことがある
だけどね
それでもね
今日まで歩いてきた
日々を人は呼ぶ
それがね、軌跡だと

ああ なんて素敵な日だ
幸せに悩める今日も
ボロボロになれている今日も
ああ 息をして足宛いている
全て僕のこと

あの日の僕らのこと

僕と君とでは何が違う?
それぞれ見てきた景色がある
僕は僕として、いまを生きてゆく
とても愛しい事だ

引用元:https://www.uta-net.com/song/260738/

一言で言うと“応援歌を超えた人生賛歌”であると私は感じました。

一区切りずつ細かく歌詞を解釈していきましょう。

僕と君とでは何が違う?
おんなじ生き物さ 分かってる
でもね、僕は何かに怯えている
みんなもそうならいいな
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

冒頭では、自分と自分以外を比較した時の想いを述べてます。
他人を見た時、何処か自信があるように見える、自分だけがこの想いを持っているのではないか・・・
主人公はこの不安を消す為に自分に言い聞かせる訳です”みんなもそうならいいな”と。

がむしゃらに生きて誰が笑う?
悲しみきるには早すぎる
いつも僕は自分に言い聞かせる
明日もあるしね。
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

自分を信じた道は、自分の中に笑うものはいない。
悲しんでいる暇なんてない、明日(前)を向いて、自分で自分を後押しします。

ああ なんて素敵な日だ
幸せと思える今日も
夢敗れ挫ける今日も
ああ 諦めず足宛いている
狭い広い世界で
奇跡を唄う
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

自分を信じて、自分を肯定して、成功することを祈ります。
良いと感じた日も、悪いと感じた日も、自分はちゃんと歩んできたと。
自分という狭い概念だが、自分の中では広い世界で、想いを叫んでいるのです。

僕らは知っている
空への飛び方も
大人になるにつれ忘れる
限りある永遠も
治りきらない傷も
全て僕のこと
今日という僕のこと
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

皆も同じ様に感じている。知れば知る程、夢を見れなくなる。
永遠を願う限定的なモノを、治って欲しくても消えない想いがあることを。
そう、こう感じているこれこそが自分であり、今日の自分を形成している。

得ては失う日々 意味はある?
伝わることのない想いもある
だから僕は時々寂しくなる
みんなもそうなら
少しは楽かな
僕だけじゃないと
思えるかな
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

知識やノウハウを得ても夢の見方は忘れる。真意が伝わらない、誤解されることもある。
自分が分かって貰えないことへの寂しさを感じる。

皆も同様であると祈り、改めて自分の不安を拭って進もうとします。

ああ なんて素敵な日だ
誰かを好きでいる今日も
頬濡らし眠れる今日も
ああ 嘆くにはほど遠い
狭い広い世界で
僕らは唄う
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

今日も自分を感じれている。
喜びも悲しみもきちんと感じれている今日も自分を前に進ませている
と奮い立たせます。

冬に咲く花に
命が芽吹くよ
駆けるは 雪の大地
青すぎた春を
忘れずに居たいと
語るは 友との地図
駆けるは 人の旅路
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

この部分はグッとサッカーの画面を彷彿とさせます。
冬に行われるサッカー大会、参加者、観客の命が芽吹きます。
フィールドを駆け回り、青春を、チームを、今までの想いをぶつける様が浮かびます。

僕らは知っている
奇跡は死んでいる
努力も孤独も
報われないことがある
だけどね
それでもね
今日まで歩いてきた
日々を人は呼ぶ
それがね、軌跡だと
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

自分だけでなく、誰もが知っていること。
根拠のない奇跡は起きない(死んでいる)。
かといって、努力や自分との闘い(孤独)が必ず結果になるとは限らない。
でも、その過程、想い、自分、周りの人の日々全てが自分の軌跡だ。それは確かだ。


私個人として、このフレーズがたまらなく好きで心にグサグサ刺さります・・・。

ああ なんて素敵な日だ
幸せに悩める今日も
ボロボロになれている今日も
ああ 息をして足宛いている
全て僕のこと

あの日の僕らのこと
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

今日も自分を感じている。
幸せとは?過程なのか、結果なのか悩みは止まらない。
考え抜いて、駆け抜けてボロボロな私も、全て自分のこと。
そう、自分だけでなく皆も同じ様に。

考え続ける主人公の想いが続きます。

僕と君とでは何が違う?
それぞれ見てきた景色がある
僕は僕として、いまを生きてゆく
とても愛しい事だ
–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

自分と自分以外では見え方が異なる。軌跡も異なるだろう。
自分は今までの軌跡で生まれた自分を今日も生きていく。
今日という日も軌跡となって自分を彩り、作り上げることはとても愛しいことだ。

と、最後まで自分を信じて、貫いて、締めくくります。

そう、自分で自分を応援する。
自分の今までの人生、これからの人生を応援する。
こう解釈すると、”人生賛歌”というに言葉が一番ぴったりだと感じました。

「僕のこと」のサウンドについて

歌詞についてはたっぷり語りましたので、次はサウンドについて話しましょう。

何と言っても大森さんの飛びぬけた高音が印象的なのではないでしょうか。
サビの高音は、実に自分の想いが突き抜ける感覚が見事に表現されていると感じます。

そして、非常に点の話になりますが、以下の歌詞の歌い方が個人的にはグッときます。

僕らは知っている
奇跡は死んでいる
努力も孤独も
報われないことがある
だけどね
それでもね
今日まで歩いてきた
日々を人は呼ぶ
それがね、軌跡だと

ああ なんて素敵な日だ
幸せに悩める今日も
ボロボロになれている今日も
ああ 息をして足宛いている
全て僕のこと

あの日の僕らのこと

–曲名:僕のこと 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

“努力も孤独も”の悲しみが溢れる歌い方と、”ボロボロになれている”のまるで泣いているかのような熱い熱い歌い方がこのフレーズの意味をより一層引き立てています。

テンポはゆっくりですが、込み上げる想いのボルテージは凄まじいものがあります。
是非、歌詞の意味と共にこの高揚感を感じて頂きたいです。

最後に・・・

如何でしたでしょうか。
少しでもMrs. GREEN APPLEを、「僕のこと」を、感じて貰えましたでしょうか。

ストレートな応援歌としてだけでなく、大森さんらしく、Mrs.GREEN APPLEらしく見事に表現された名曲だと思います。
本当に、どの角度から聴いてもグッとくる様に作られていると思います。
シングル内には、他の楽曲やDVDもありますので、心打たれた方は聴いてみてくださいね。

尚、様々な形態で発売されておりますので、以下を参照にどうぞ!

僕のこと(初回限定盤)

DISC 1
1.僕のこと
2.灯火
3.Folktale

DISC 2 ※通常盤には含まれません
1.僕のこと Music Video
2.The Making of “僕のこと”
3.「ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜」 at 札幌ペニーレーン24 on17th November, 2018より厳選した以下5曲を収録。
※曲目 藍 / アンゼンパイ / soFt-dRink / 私 / WaLL FloWeR

↓ライブDVD付き初回限定版「僕のこと」を楽天市場で探してみる。

楽天市場 僕のこと (初回限定盤 CD+DVD) [ Mrs.GREEN APPLE ]

価格:1,689円
(2019/3/11 01:05時点)

↓通常版「僕のこと」を楽天市場で探してみる。

楽天市場 僕のこと [ Mrs.GREEN APPLE ]

価格:1,296円
(2019/3/11 01:06時点)

iTunesで「僕のこと」をバンドル購入(単極ではなくシングルまとめて購入)すると、

「No.7(「ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜」 at 札幌ペニーレーン24 on 17th November, 2018より)」

のライブ音源とライブ映像が付いてきます。

↓iTunesで「僕のこと」を探してみる。



ここまで読んで頂いたあなた、本当にありがとうございます!
素敵な音楽ライフを過ごせることを願ってます♪

スポンサーリンク