Mrs. GREEN APPLE / 月とアネモネ:歌詞の意味を徹底解釈!愛した人に吐露する自分の歌。

2019年11月9日

スポンサーリンク

「月とアネモネ」とは。

Mrs.GREEN APPLE ロマンチシズム
Mrs.GREEN APPLE ロマンチシズム

今回はフラゲ日に手に入れたこの曲「月とアネモネ」について語りたいと思います。

Mrs. GREEN APPLEの9th single「ロマンチシズム」の3曲目に収録されているこの曲は、「ロマンチシズム」とも「How-to」とも違う、実に大森さんらしさ溢れる曲となっております。

「月とアネモネ」のタイトルについて。

「月」に関しては諸説ありましたので、皆様の解釈にお任せするとして「アネモネ」については共通の認識が持てると思います。

「アネモネ」はそもそも花の名前であり、花言葉にはこんな意味があります。

「アネモネ」の花言葉は「あなたを愛します」「はかない恋」。

白いアネモネの花言葉は「真実」「期待」。

紫のアネモネの花言葉は「あなたを信じて待つ」。

赤のアネモネの花言葉は「君を愛す」。


引用元:LOVE GARDEN様

歌詞の中にも出てくる単語が沢山あります。

是非、この花言葉を念頭に曲を聴いて、歌詞を読んで貰えればと思います。

「月とアネモネ」は愛の歌であり、自分の歌である。


※3曲目に流れます

まずは歌詞を一通り載せます。

–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

嘘にすることで
本当の気持ちから逃げれたような気がしたんだ
真実はいつだって 真っ向から嫌でも
迫るような日々だったのに

正直こんな世界を生きるのは困難だ
「欲に塗れるお金持ち」
「感情が栄養の浮浪者」
いつになったら「平等」の意味に気づくの
そんな私だって 貴方に。

全部全部 私が悪いから
解ってるから。気づいているから。
ごめんね 全部は背負い切れないや

しらばっくれることで
本当の答えから逃げれたような気がしたんだ
朝焼けはいつだって 切ないこの胸を
満たしてくれようと輝いたんだ

全員一致で拳を掲げ
幸せだと言えるかな
いつになったら「幸せ」の意味に気づくの
そんな私だって 時折

全部全部 月灯りに照らされ
嘘をついたことがバレていくんだ
ごめんね 全部は受け入れられないな
柔弱な愛で守り抜くから
綺麗なその瞳を潤わせていてよ
この日々がいつまでも続けばな
生きづらいこの日々達が続けばな

全部全部 私が悪いから
解ってるから。気づいているから。
ごめんね 全部は背負いきれないや
柔弱な愛で守りぬくから
綺麗なその瞳を潤わせていてよ
この日々がいつまでも続けばな
ありふれたこの日々達が続けばな

引用元:Mrs.GREEN APPLE / ロマンチシズム 歌詞カードより

私は “心を開き難い人が愛した人に語る自分の想いの歌” であると感じました。

それでは一区切りずつ解釈していきましょう。

※曲の解釈はここから。

嘘にすることで
本当の気持ちから逃げれたような気がしたんだ
真実はいつだって 真っ向から嫌でも
迫るような日々だったのに
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

表に出す自分を作れば、内側の自分から逃げれると思っていた。
本当の自分は嫌でも迫ってくるものだと感じていた。

正直こんな世界を生きるのは困難だ
「欲に塗れるお金持ち」
「感情が栄養の浮浪者」
いつになったら「平等」の意味に気づくの
そんな私だって 貴方に。
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

正直私が見る世界に辟易しているんだ。
欲に溢れる人がいる、不幸を笑う人がいる。
平等な世界なんて生まれない。
私も貴方には平等な気持ちではいられない。

全部全部 私が悪いから
解ってるから。気づいているから。
ごめんね 全部は背負い切れないや
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

全部私の考え方、見方が良くないんだ。
良くないって解ってるんだ。分かった気でいるんだ。
ごめんね、でも全てを払拭は出来ないんだ。

しらばっくれることで
本当の答えから逃げれたような気がしたんだ
朝焼けはいつだって 切ないこの胸を
満たしてくれようと輝いたんだ
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

知らない、気づいてない振りをすれば、真実を知らなくて済むと思っていたんだ。
朝起きた時、どんな気分でも太陽は輝いていて、それはまるで自分を照らしてるかのように感じたんだ。

全員一致で拳を掲げ
幸せだと言えるかな
いつになったら「幸せ」の意味に気づくの
そんな私だって 時折
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

誰一人不幸ではない世の中なんてあるのかな。
幸せの意味を、あなたの幸せを、気づいて欲しい。
それでも私も不幸だと感じてしまう時もあるけど。

全部全部 月灯りに照らされ
嘘をついたことがバレていくんだ
ごめんね 全部は受け入れられないな
柔弱な愛で守り抜くから
綺麗なその瞳を潤わせていてよ
この日々がいつまでも続けばな
生きづらいこの日々達が続けばな
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

ふとした瞬間に、作っていた自分が崩れていく。
ごめんね、どれだけ考えても全てを受け入れるということは僕には無理だ。
それでも、この弱弱しい愛情であなたを必ず守り抜くよ。
綺麗なあなたのその瞳で僕を見て欲しいんだ。
この日々がいつまでも続いて欲しい。
気にし過ぎて生きづらいこの世界が愛おしい。

全部全部 私が悪いから
解ってるから。気づいているから。
ごめんね 全部は背負いきれないや
柔弱な愛で守りぬくから
綺麗なその瞳を潤わせていてよ
この日々がいつまでも続けばな
ありふれたこの日々達が続けばな
–曲名:月とアネモネ 作詞:大森 元貴 作曲:大森 元貴–

考え過ぎる、気にし過ぎる、私の悪い所。
考えるほど、何でも良いとは思えれなくなるんだ。
それでも私はあなたを愛し抜いていきたい.
あなたに私を見て居て欲しい。
この日々を続けさせて欲しい。
ありふれた日々としてこれからも。

※解釈はここまで。

実に、生きづらそうな “僕” が描かれている様に感じます。

これだけ色んなことを感じて、気になると、とてもじゃないけど自分を肯定し続けることも、自信を持ち続けることも難しく思います。

それでも、そんな自分を分かった上で、分かって貰った上で、愛し抜いていきたいと伝える様は不思議な人間臭さを感じさせられました。

「月とアネモネ」のサウンド。

言葉で言い表しにくいのですが、エコーが掛かったふわっとした音色が特徴だと思います。

他の曲でいうと、「L.P」の頭や「CONFLICT」の雰囲気を感じました。

「月とアネモネ」自体が4年前の楽曲であるという所からも、当時のサウンドに近いのかなとも思いました。

又、女性コーラスにドラムの山中綾香さんが参加されているのも印象的です。

何処か懐かしく、何処か切なく、何処か苦しいのに温かい、この人間臭さ溢れるサウンドこそ、ミセスの真髄なのでは?とも思っています。

そんなミセスの原点も感じられるようなサウンドを堪能してください。

最後に・・・

如何だったでしょうか。

ポップでキャッチーな曲の印象が強い方からすると、意外なサウンドかも知れませんが、過去の曲を遡ると本当に色んな色を持っていることが分かると思いますので、「月とアネモネ」をきっかけに初期の曲を聴いてみるのもおススメですよ!

↓MVやメイキング映像のDVD付き初回限定版「ロマンチシズム」はこちら!

楽天市場 【先着特典】ロマンチシズム (初回限定盤 CD+DVD) (B2告知ポスター付き) [ Mrs.GREEN APPLE ]

価格:1,836円
(2019/3/19 22:17時点)

↓通常版「ロマンチシズム」はこちら!

楽天市場 【先着特典】ロマンチシズム (B2告知ポスター付き) [ Mrs.GREEN APPLE ]

価格:1,296円
(2019/3/19 22:20時点)

↓カップリング「月とアネモネ」の別テイクVerやリハ映像が付いたiTunes限定「ロマンチシズム」はこちら!



尚、iTunesの特典を受け取るには必ず「ロマンチシズム」1曲ではなく、「ロマンチシズム」のシングル1枚(900円 ※2019年4月2日時点)での購入が必要です。ご注意ください。

ここまで読んで頂いたあなた、本当にありがとうございます!
素敵な音楽ライフを過ごせることを願ってます♪

スポンサーリンク