パレイドリア / 須田景凪:錯覚を起こす程の愛憎劇

スポンサーリンク

パレイドリア / 須田景凪(バルーン)とは?

teeter_須田景凪(バルーン)
teeter / 須田景凪

今回は、須田景凪(バルーン)さんの1st EP「teeter」に収録されている「パレイドリア」について語っていきます!

私が須田景凪さんの楽曲を高頻度で聴く様になったのは割と最近なのですが、「パレイドリア」に関しては2019年の3月頃からちょくちょく聴いていました。

個人的には世界観が素晴らしいだけでなく、ノリも良くてメロディだけでも聴けてしまうハマると抜け出せない楽曲だと思いますので、是非皆さんにもっと知って欲しい一曲です!

とりあえず聴いてみてください!


細かい話は一旦抜きにして、YouTubeにアップされておりますので、聴いてみてください!

どうですか?独特な世界観とこのノリの良さ、中毒性を感じませんか??

聴いてみて、少しでも

「あ、これはハマりそう・・・」

と思ったなら以下にもっとハマってしまう世界観を書いていくので一緒に浸っていきましょう笑

曲名「パレイドリア」ってどういう意味??

順番に紐解いていこうではありませんか。まずは、曲名の「パレイドリア」という言葉!

・・・私も最初見聞きした時「?」という感じでした笑

Webで意味を検索してみるとこんな意味がありました!

意味のない対象に、特定の意味を認識してしまう幻視(錯覚)の一種。

例えば、壁のしみや雲の形などが人の顔に見えてしまう現象は、パレイドリアの代表的な例である。

以下省略

引用:Weblio辞書:パレイドリア

そう、つまり「パレイドリア」とは “錯覚” のことなのです!

それでは、”錯覚”という意味があることを踏まえて、今度は歌詞の意味を考えてみたいと思います。

そこに愛があるかも知れないという錯覚・・・

まずは、歌詞の全体像を見ていきましょう!

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪
揺れるカーテンと有り触れた映画が心地好かったから
消えゆくままの群青を横目に映した
募る哀情と移り気な愛慕に身体を預けては
過ぎ行くだけの生活を幸せと呼んだ

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりを見据えたくないもんな

不確定 深夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

目が回る様な絶え間ない堂々
ずっと此処にいてもいいかな
この愛は溢れていくんだね

来たる安定と擦り切れたアイボリー 針の止まった時計
過ぎ行くだけの生活を手離せなかった

日に日に徒然暮れてく今日は
常々僕らにまとわりついて
嗚呼 つまらない毎日だ どうか救ってくれ

干涸びた希望で許し合っていた
この日々の仕組みを認めたくないもんな

不関係 前夜 移り行く造形
もっと夢を見ていたいのに
この夜も滲んでいくんだね

身を焦がす様な鮮やかな群青
きっと間違えてはいないよね
繋がった手に尋ねていた

これから君とふたりで 覚束ない夢を語るの
それから君とふたりで 終わらない歌を歌うの

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりに隣にいたいもんな

不確定 今夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

目が回る様な絶え間ない堂々
ずっと此処にいて欲しいから
この愛を重ねていくんだね

出典:Uta-Net パレイドリア

直感的には “都合の良い男女関係になってしまった人の葛藤” なのかなと感じました。

もう少し踏み込むと “本当に愛してしまったが故に、そこに未来や希望がある様に錯覚してしまう” そんな少し異常さを感じさせる様な深い想いを表現されてる様に思います。

それでは、もう少し歌詞の一文一文に着目して解釈していきましょう!

ここから解釈
揺れるカーテンと有り触れた映画が心地好かったから
消えゆくままの群青を横目に映した
募る哀情と移り気な愛慕に身体を預けては
過ぎ行くだけの生活を幸せと呼んだ

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

貴方と過ごす時間がとても心地良かったから、一緒にはなれないと感じる哀しい気持ちとそれでも恋い慕いたくなる想いから身体を委ねている。
こんな日々を私は”幸せ”と思い込ませた。

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりを見据えたくないもんな

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

冗談の様に語る理想で笑いあって、”幸せ”な日々が終わらないと錯覚させています。

不確定 深夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

相変わらず変わらないこの時間、この関係・・・ずっと私はこの時間に居たいのにやっぱり終わりが来る。

目が回る様な絶え間ない堂々
ずっと此処にいてもいいかな
この愛は溢れていくんだね

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

あまりに貴方の堂々とした姿に、この関係のままでも良いと錯覚してしまう。
どうしようもなく貴方のことが好きみたいです。

来たる安定と擦り切れたアイボリー 針の止まった時計
過ぎ行くだけの生活を手離せなかった

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

この関係のまま安定してしまって、変えれなくなってしまった私がいる。

日に日に徒然暮れてく今日は
常々僕らにまとわりついて
嗚呼 つまらない毎日だ どうか救ってくれ

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

今日も何も変わらない日常が過ぎていく。
誰か、どうかこんな私を助けて欲しい。

干涸びた希望で許し合っていた
この日々の仕組みを認めたくないもんな

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

残っていない希望を残っていると錯覚させて、今の”幸せ”を崩さない様に見て見ぬふりをしています。

不関係 前夜 移り行く造形
もっと夢を見ていたいのに
この夜も滲んでいくんだね

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

段々と関係は造られたものになり、見たい夢が見難くなり、今夜も終わっていく。

身を焦がす様な鮮やかな群青
きっと間違えてはいないよね
繋がった手に尋ねていた

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

心に刺さるこの想いを感じると、今の関係は間違っていないと思えてくる。

これから君とふたりで 覚束ない夢を語るの
それから君とふたりで 終わらない歌を歌うの

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

これから貴方と未来の話をするんだよね。
それからきっと終わらない日々が始まる。(と錯覚させ続けている。)

下らない理想で笑い合っていた
この日々の終わりに隣にいたいもんな

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

そう、こんな理想を語っては冗談にしています。
いつか終わってしまう、いや、終わらず貴方の隣に居たいからさ。

不確定 今夜 変わらない関係
もっと夢を見ていたいのに
ほら夜は沈んでいくんだね

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

今夜も変わらない関係が続いて、ずっと続いて欲しい時間にやっぱり終わりが来る。

目が回る様な絶え間ない堂々
ずっと此処にいて欲しいから
この愛を重ねていくんだね

曲名:パレイドリア 作詞:須田景凪 作曲:須田景凪

相変わらず堂々としてる貴方に離れて行って欲しくないから、今日もこの愛(錯覚)を繰り返していきます。


解釈はここまで。

こうやって、歌詞を細かく見ていくと表現されている想いの深さを感じます。

ただ希望があると錯覚しているのではなく、錯覚していることも自覚した上で、変えられない日々、自分の切なさがヒシヒシと伝わって来ると思います。

皆さんはどう感じましたか?

身体だけの都合の良い男女関係?
それとも本当に愛し合っていた?
はたまた、やはり片想いだったのか?


解釈は千差万別ですが、人を想うが故の葛藤を感じさせられる楽曲だと思います!

なだれ込む歌詞とメロディー

それでは最後に曲調について、感じたことを語っていきたいと思います。

「パレイドリア」のテンポは比較的早く、じっくりと歌詞を聴くというより、音で歌詞を聴くような楽曲になっていると思います。

だからこそ、各所の歌詞のアクセントに癖があると思いますし、その歌詞が耳に、頭に残り易いです。

MVもそうですが、ぐるぐると廻っている表現が、メロディと相まって、表現したい何処か苦しそうな、頭がぐにゃっとなる様な感覚になりました。

想いたいけど想われていない、考えたくないけど、考え過ぎてしまう様がメロディのスピード感やノリに繋がっているのではないでしょうか。

私にはそんな風に感じさせられました。

最後に・・・

如何だったでしょうか。

「パレイドリア」の魅力が少しでも皆さんに感じて頂けてると良いなと思います。

「前よりもパレイドリアが好きになったよ」とか「須田景凪さんに興味が持てた」とかそんな風に思って貰えたら私としては「よっしゃ!」って感じです笑

今後も須田景凪さんの楽曲についてもっと触れて行こうと思いますので、興味がありましたら是非ご一読頂ければと思います!

以下、1st EP「teeter」のリンクも載せておきますので、他楽曲も含めて気になる方は参考にしてみてくださいね!

teeter (初回限定盤 CD+DVD) [ 須田景凪 ]

価格:2,379円
(2020/1/11 11:26時点)
感想(1件)

ここまで読んで頂いたそこのあなた!本当にありがとうございます!
素敵な音楽ライフを過ごせることを願ってます♪

スポンサーリンク