sumika / ソーダ:シュワシュワと弾ける恋愛模様を絶妙に描いた名曲

2019年8月24日

スポンサーリンク

ソーダってどんな曲?

sumikaが手掛ける「ソーダ」という曲について、歌詞に込められた想いを私なりの解釈でご紹介していこうと思います。

キャッチー且つポップな「ソーダ」に込められた想いとは?
とっても好きな曲だけど、歌詞の意味までうまく落とし込めていない

そんな方の一つの楽しみ方と言いますか、より深く知れるきっかけになればと思います。

「ソーダ」について書く前に・・・
そもそもsumikaというバンドについてまだ詳しく知らない!
そんな方はsumikaについて書いた記事もありますので参考にしてみてくださいね!

平和な邦ロックバンド、自分の「sumika」 | マグの音楽情報局 〜Mag Music In Japan〜

歌詞から見る「ソーダ」に込められた恋愛模様


まずは、歌詞を以下に載せておきます。

–曲名:ソーダ 作詞:片岡 健太 作曲:片岡 健太–

けむくじゃらが風鈴の音を聞いて
気持ちよさそうに眠ってる
その横で僕もまた寝そべって
渇いた喉鳴らしてる

二人と一匹のストーリーには岩井俊二作品くらいの彩りは無く
開始1年で見るも無残に気が抜けちゃって

夏の魔法みたいに弾けて消えた
君の残骸は寝そべっている
そこのけむくじゃら

ソーダ、泣いちゃいそうだ
君を思い出せばしずくが飛び散りそうだ
ソーダ あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ
ソーダ シュワシュワっと不健康な音で

二人と一匹のストーリーには
取り立ててトピックスもなく
派手な喧嘩もすることもなくお金や浮気でも揉めず
(ye-ye-yeah)
今になって思い出せば
なんでちゃんとぶつからなかったんだろう?
って心痛めつける日もあるが
その痛みすらガスのよう

ふわって世界に馴染む 色のついてない
僕達が吐き出したガスは無色透明だった

ソーダ 泣いちゃいそうだ
君を思い出せるヒントもみつからないんだ
スロウダウン あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ

吐き出すモノすらない
僕ら最早ただの砂糖水に成り下がって
そんなの美味しいわけもなく

どうせなら色ついて匂いもして
もう迷惑だなって時々そのシミみたいなものを
見返して僕は何度思い出して
君を嫌いになって
嫌いになって
嫌いになって
ってもう
なれるわけもないけど

ソーダ 僕らのストーリー
色もなければ匂いもしなかったストーリー
ソーダ どうせならそうだ
けむくじゃら担いで
もう一回だけ 弾けるソーダ

ソーダ 僕の思いは
色味がある甘ったるくて
醜いソーダ
ソーダ 君への思いが
ガスが口から出るアレに
似てるよソーダ
そうだ 気が抜ける前に僕は行くよ

けむくじゃらを担ぐ僕は
君の家の前に辿り着き
乾いてた喉を潤すように
今、ベルを鳴らした

先に、一言でまとめると、

“1年前に別れた元恋人を思い返して、自分の気持ちを改めて伝えに行く”

というカッコ悪いと自負しつつも、自分の気持ちに素直になる、
男性の恋愛模様を描いた曲と感じました。

まず、「僕」「二人と一匹」「けむくじゃら」について話しましょう。
「僕」は、この曲の主人公である男性を指しており、
「二人と一匹」は、主人公の男性と元恋人、そして「けむくじゃら」を指していると思います。

「けむくじゃら」ってなんだよおおおお!
と思ったそこのあなた。

それは・・・

モヤモヤしているような、何処か愛らしい様な元恋人(好きな人)に抱く男性の気持ちです。

正直、ここまで説明した時点であとは歌詞を読みながら聴いて頂ければ私の解釈は伝わるかと思います笑
ですが、もう一つ補足と言いますか、言わずにはいられない要素は「ソーダ」です!

タイトルにもなっている「ソーダ」というワードは、 好きな人との日々 を描いてます。

順を追って説明していけば、自分の捨てきれない想い「けむくじゃら」を感じながら、元恋人との日々を思い出すと、それはもう今となってはシュワシュワと消えゆく日々で、しずくが飛ぶ(涙が出る)様な気持ちが溢れてくる。

もう別れてしまった今となっては「ソーダ」の様に色味や炭酸、甘い匂いもなくなって砂糖水になってしまったけれど、やっぱり思い返すと好きな人のことが忘れられない自分がいる。

思い立った「僕」は「けむくじゃら」(好きな人への気持ち)を担いで、好きな人の家に行ってもう一度ベルを鳴らす。

どうでしょうか?伝わりますでしょうか?(伝わってほしい笑)
こんなにキャッチーでポップな曲に、女子力溢れる男性の切ない恋模様が絶妙なバランスで描かれている名曲なのです!

そう、ここまで読んで頂いた後に改めて聴いてみて頂きたい!
少しでもこの情景が浮かんで、もっと好きになって貰えたら嬉しい限りです。

最後に・・・

如何だったでしょうか?
「ソーダ」について、もっと楽しめましたでしょうか。

自分の解釈と違う!こうじゃない!
と思われた方もいらっしゃるかと思います。
やはり、曲というのは聴いた人の数だけ解釈があるものだと思いますので。

ただ、一つのこういう解釈もあるのかという視点で楽しんで頂けたらと思います!
一人でも多くの人がsumikaをソーダを好きになってくれることを祈ってます。

尚、 今回ご紹介した「ソーダ」が収録されているCDは mini album「I co Y」になります。
以下にリンクを貼っておきますので、興味が湧いた方はチェックして見てくださいね。

↓楽天市場で「sumika / I co Y」を探してみる。

楽天市場I co Y [ sumika ]

価格:1,836円
(2019/3/5 23:21時点)

↓iTunesで「sumika / I co Y」を探してみる。



ここまで読んで頂いたあなた、本当にありがとうございます!
素敵な音楽ライフを過ごせることを願ってます♪

スポンサーリンク

sumika

Posted by magmusic